上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.24 結果報告
超超超久しぶりの更新が、悲しいお知らせになりました(;_;)

合格物語さんのブログにエントリーして、
全然更新できないで、この結果・・・。

勉強不足は自分のがまいた種なので、仕方ないのですが、
教えてくださった講師の方々には、本当に申し訳ありませんでした。

結果は・・・

計画・・・・・・・・15点
環境・設備・・・17点
法規・・・・・・・・17点
構造・・・・・・・・19点
施工・・・・・・・・16点

合計・・・・・・・・84点

法規・構造・施工と散々でした。

構造は、計算問題が結構解けたので、いけるかなと思ったのですが、
その後の文章問題が・・・。

構造・施工の文章題も、見たことがある問題が多く、
「やった~!!!」と思ったのですが、
ウラ覚えの為、ちょっとしたミスの連続。

ただ負け惜しみではないのですが、今年の勉強は楽しくできました。

今までは内容がわからなく、とりあえず詰め込みという感じで覚えていましたが、
ウラ指導の講師の方々の説明が、非常にわかりやすく、
今年は、理解して勉強ができました。

以前、二級建築士を受験した時、
一緒に受けた友人が落ち、次の年に合格したのですが、
その時の言葉を思い出しました。

「二度受験したことで、自分にはよかった。すごく理解が深まった。」と。

それを聞いた時私は、
「え~っ、うっそ~?!。同じこと二度するなんて私はいやだな。」
って思ったのですが、今回、その友人の言葉が腑に落ちました。

もし今年、運がよく合格してたら、私はもう学科の勉強はしないと思います。
そうすると、なんちゃって一級建築士の出来上がりです(製図に受かったとしたらですが)

やっと理解することができて(遅いけど・・)、楽しんで勉強できるようになったので、
もう一度勉強できて、ラッキーだったと(^-^)。

今までの自分では考えられないけれど、心からそう思っています。

又、合格物語のお世話になりますが、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
信じられないくらい更新してない日々。
本当に、申し訳ないです・・・(*_*;。

プログを始めようと決心した時、
週3回以上書く!!!と誓ったのに、
このテイタラク。情けない。

更新できない理由は、合格物語の進みが悪いこと。

皆さんのブログを拝見すると、
忙しい仕事の合間をぬって、既に二巡三巡。
私はというと、まだ一巡も終わっていない。

合物の講習会には、毎回出席しているのですが、
「進んでいますか~(^-^)?」と先生に聞かれるのがツライ。
いつでも返事は同じ。
「これから頑張りマス・・・。」
一体いつから頑張るのか、私・・・。

しかし、試験まで残り50日。
こんな悠長なこと言ってられなくなりました。

合格物語&ブログ更新。

インプットだけでは成長しない。
アウトプットせねば。


人間には、たくさんの自分がいて、どれも本当の自分だといいます。
100通りの私がいたとして、
1の私が、目標を達成しようと努力していると
「そんなこと大変だからヤメタ方がいいよ~(-。-)y-゜゜゜」と
引きずり下ろそうとする99の私がいるそうです。
潜在意識は仲良しだから、
一人(1つ)だけ向上することを許しません。

なので、ちいさな目標をたくさん持って、達成すること。
これが、仲良しの潜在意識が一緒に上がっていくことの近道だそうです。

大きい目標がたくさんあると、途中で挫折する事が多々あるので、
達成可能な、小さな目標がベスト。
(一級合格は非常に大きな目標ですが、それ以外の目標をゆるくして)

人間は、忙しいほど行動力が出ます。
弱い自分に「喝」を入れて、頑張ります。
こんにちは、ホッチー(^-^)です。


法規講習会の、防火区画、耐火・準耐火構造の続きです。

配布された資料の最後に、
実際あった現場の実例が紹介されていました。

東京都港区西麻布 専用住宅
延床面積 193.03㎡
RC造 地下1階・地上2階
第一種中高層 準防火地域
検査済証あり

この建物の屋上に、
3階部分(31㎡)をS造で増築するというプラン。

確認申請するに当たり、
構造・建ぺい・容積・高さ、その他は全てクリアとのこと。

そこで、防火関係に焦点が・・・。


まず最初に、
■法62条1項
 準防火地域・・地階を除く階数が3である建築物は、
 耐火建築物又は準耐火建築物・・としなければならない。
 とのことで、増築分含めて「準耐火建築物ロ-1」で申請。

■法2条9号の3
 準耐火建築物ロは、
 主要構造部が「準耐火構造以外」の建築物。
           ↑ ここがキモ(^_-)
■法109条の3 1項 1号
 準耐火建築物ロ-1・・外壁は、耐火構造
           屋根は、22条区域の性能基準
               +屋外への遮炎性

■法112条 防火区画
◇面積区画・・増築後 延床面積:224.40㎡
       →500㎡超えていないのでOK

◇高層区画・・11階以上の階はないのでOK

◇竪穴区画・・9項 主要構造部を「準耐火構造」とし、かつ、
       地階又は3階以上の階に居室を有する建築物の
       住戸の部分(・・・)、吹き抜けとなっている部分、
       階段の部分、・・・その他これらに類する
       部分については、当該部分とその他の部分とを
       準耐火構造の・・・で区画しなければならない。
       ただし、次の各号のいずれかに該当する建築物
       の部分についてはこの限りではない。

    2号・・階数が3以下で、延べ面積が200㎡以内の
       一戸建ての住宅・・のうち、その階数が3以下で、
       かつ、床面積の合計が200㎡以内で
       あるものにおける吹き抜きとなっている部分・・・。

ここで、「竪穴区画、アウト~!!!」と思ってしまった
アワテンボの私(^_^;)。
2号の適用除外も、
増築後 延床面積:224.40㎡なので当てはまらないし。

しか~し、「準耐火建築物ロ-1」は、
     「準耐火構造」ではないのです\(^o^)/。

これは、アリさんが、
「・・建築物」と「・・構造」は違うから、間違えないようにと、
口を酸っぱくして言っていたトコロ。

なので、防火区画は全て免れたそうです。

そんなに、広くない住宅の階段を区画で囲うと、
うっとおしいですもんね~(^_-)。


余談ですが、
我が家は、築30年の、耐火建築物(3階建)の狭小住宅なのですが、
昔なので、竪穴区画があり、乙防の扉が4枚。
階段室に入る度、重~い扉を毎日何回も開けています((+_+))。
実際は、1階から階段室以外は、開けっ放しですが、とてもジャマです。
(階段室には、停電時の為の非常照明もついてるし)

昔で防火地域だったので、仕方ないのですが、
すごいムダですよね~。
今だったら、2号に当てはまるので必要ないのですが。


この実例の説明を受けた時、
「・・建築物」と「・・構造」は違うってことと、
条文は「奥深い」ということに、心から納得しました。

これからは法令集を、
「楽しんで読む」こととしま~す (^_^;)。
こんにちは、久しぶりのホッチーです(^-^)。


やっと、法令集の線引きが終了しました。

と言っても、「法規のウラ指導」を
何も考えずに、線引きしただけですけど・・・(^_^;)。

以後、本格的に「合格物語」に打ち込みたいと思います<(`^´)>。
(今からかい(^_^;)(笑))


先週の土日の二日間、
ウラ指導さんの法規講習会に参加しました。

学科受験も複数回になるので、
過去何回か参加させていただいているのですが、
やっとアリさんがおっしゃっている
「法令集を体系化して読んでね(^-^)」が
腑に落ちてきました。

法令集の「基準法と施行令」の配置関係や、
都計法などのその他の法律の関係。

いままでは、バラバラにしか見えなかった法令集が
「そうなってるんだ~\(◎o◎)/!」とちょっぴり見えてきた感じ。


特に、防火関係。

例えば、何の気なしに覚えていた、「耐火建築物」は、基準法九条の二 

耐火建築物  次に掲げる基準に適合する建築物をいう。
イ その主要構造部が(1)又は(2)のいずれかに該当すること。
 (1)  耐火構造であること。
 (2)  次に掲げる性能に関して政令で定める技術的基準に適合するものであること
    (ⅰ)・・・屋内において発生が予測される火災に・・・終了まで耐えること
    (ⅱ)・・・周囲において発生する通常の火災に・・・・終了まで耐えること
ロ その外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に、防火戸その他の政令で定める防火設備
  (その構造が遮炎性能(通常の火災時における火炎を有効に遮るために防火設備に必要とされる性能)・・・)
  を有すること。

とあり、耐火建築物とは、耐火構造でなくていいんだぁ、とわかりました(^_^;)。
イ(2)に適合してればOKなのですもんね。

又、イ(1)(2)だけでなく、ロもセットでなくてはいけない。

① イ(1)+ロ
② イ(2)+ロ

の2通りあるのです。

なので、22014のような
「構造耐力上主要な部分を耐火構造とした建築物は、耐火建築物である」
なんて、わたしのようなアワテンボは、○といきそうですが、
プラス「防火設備」もセットで必要。
こんな初歩的なトコでつまづく私も情けないのですが・・・(^_^;)。

本当に、条文を意識して読むようにしないといけないですね。

又、アリさんのおっしゃるように、
法規は「本当は分かってないのに、分かってる気がする」のが盲点ですね。


合物でも、同じような問題があると、ついサラッと流してしまいがちですが、
法規(法令集)に関しては、この時期ジックリ読んで、
自分のものにしたいものです。
こんにちは、ホッチーです。


又しても久々の更新です(^_^;)。

昨日、人生初コメントを頂いて舞い上がっています。
コメントって、こんなにウレシイとは\(^o^)/。

ちび所長さん、本当にありがとうございます。


実は昨年、合格物語をインストールするにあたり、
「プログ大賞」にエントリーしようと、密かに決心していました。
が・・・、勉強がなかなか進まず、書くことがなく、
ずっと放置したままだったのです(T_T)。

しか~し、自分を奮い立たせる為にも、エントリーします。

勇気をくださった、ちび所長さん、大感謝です。


現在の私の勉強は・・・
「法令集」の線引きをしています。

以前は、
「法規のウラ指導」の問題を解きながら線引きをしていましたが、
時間がかかりすぎるので、
今年は、とにかく線引き没頭(^_^;)。

それでも、一日10ページくらいしか進まず。

自分の甘さ加減に、情けなくなります・・。


早寝早起きがモットーなので、
10時には寝てしまい(お子ちゃまか(^_^;))、
朝4時半には起きるのですが、
趣味の掃除に明け暮れ、3歩進んで2歩下がる状態です。

10年以上、1日も休ませていなかった肝臓ちゃんにも
平日は「飲まない(-_-メ)ゾ」と約束し、
現在1週間目。(休日はアルコール消毒しています(・∀・))

依存症だとは思っていましたが、
アル中じゃないと分かり、ホッ(^_^;)。


「今年は、絶対、一級建築士に合格したい。」
という決意の元、
今まで先延ばしにしていた、
・ブログを書く
・平日の禁酒
・毎日、少しでもいいから勉強する

の実行をしたいと思います。


皆さまのブログを励みに、頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。