上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、ホッチー(^-^)です。


法規講習会の、防火区画、耐火・準耐火構造の続きです。

配布された資料の最後に、
実際あった現場の実例が紹介されていました。

東京都港区西麻布 専用住宅
延床面積 193.03㎡
RC造 地下1階・地上2階
第一種中高層 準防火地域
検査済証あり

この建物の屋上に、
3階部分(31㎡)をS造で増築するというプラン。

確認申請するに当たり、
構造・建ぺい・容積・高さ、その他は全てクリアとのこと。

そこで、防火関係に焦点が・・・。


まず最初に、
■法62条1項
 準防火地域・・地階を除く階数が3である建築物は、
 耐火建築物又は準耐火建築物・・としなければならない。
 とのことで、増築分含めて「準耐火建築物ロ-1」で申請。

■法2条9号の3
 準耐火建築物ロは、
 主要構造部が「準耐火構造以外」の建築物。
           ↑ ここがキモ(^_-)
■法109条の3 1項 1号
 準耐火建築物ロ-1・・外壁は、耐火構造
           屋根は、22条区域の性能基準
               +屋外への遮炎性

■法112条 防火区画
◇面積区画・・増築後 延床面積:224.40㎡
       →500㎡超えていないのでOK

◇高層区画・・11階以上の階はないのでOK

◇竪穴区画・・9項 主要構造部を「準耐火構造」とし、かつ、
       地階又は3階以上の階に居室を有する建築物の
       住戸の部分(・・・)、吹き抜けとなっている部分、
       階段の部分、・・・その他これらに類する
       部分については、当該部分とその他の部分とを
       準耐火構造の・・・で区画しなければならない。
       ただし、次の各号のいずれかに該当する建築物
       の部分についてはこの限りではない。

    2号・・階数が3以下で、延べ面積が200㎡以内の
       一戸建ての住宅・・のうち、その階数が3以下で、
       かつ、床面積の合計が200㎡以内で
       あるものにおける吹き抜きとなっている部分・・・。

ここで、「竪穴区画、アウト~!!!」と思ってしまった
アワテンボの私(^_^;)。
2号の適用除外も、
増築後 延床面積:224.40㎡なので当てはまらないし。

しか~し、「準耐火建築物ロ-1」は、
     「準耐火構造」ではないのです\(^o^)/。

これは、アリさんが、
「・・建築物」と「・・構造」は違うから、間違えないようにと、
口を酸っぱくして言っていたトコロ。

なので、防火区画は全て免れたそうです。

そんなに、広くない住宅の階段を区画で囲うと、
うっとおしいですもんね~(^_-)。


余談ですが、
我が家は、築30年の、耐火建築物(3階建)の狭小住宅なのですが、
昔なので、竪穴区画があり、乙防の扉が4枚。
階段室に入る度、重~い扉を毎日何回も開けています((+_+))。
実際は、1階から階段室以外は、開けっ放しですが、とてもジャマです。
(階段室には、停電時の為の非常照明もついてるし)

昔で防火地域だったので、仕方ないのですが、
すごいムダですよね~。
今だったら、2号に当てはまるので必要ないのですが。


この実例の説明を受けた時、
「・・建築物」と「・・構造」は違うってことと、
条文は「奥深い」ということに、心から納得しました。

これからは法令集を、
「楽しんで読む」こととしま~す (^_^;)。
スポンサーサイト
こんにちは、久しぶりのホッチーです(^-^)。


やっと、法令集の線引きが終了しました。

と言っても、「法規のウラ指導」を
何も考えずに、線引きしただけですけど・・・(^_^;)。

以後、本格的に「合格物語」に打ち込みたいと思います<(`^´)>。
(今からかい(^_^;)(笑))


先週の土日の二日間、
ウラ指導さんの法規講習会に参加しました。

学科受験も複数回になるので、
過去何回か参加させていただいているのですが、
やっとアリさんがおっしゃっている
「法令集を体系化して読んでね(^-^)」が
腑に落ちてきました。

法令集の「基準法と施行令」の配置関係や、
都計法などのその他の法律の関係。

いままでは、バラバラにしか見えなかった法令集が
「そうなってるんだ~\(◎o◎)/!」とちょっぴり見えてきた感じ。


特に、防火関係。

例えば、何の気なしに覚えていた、「耐火建築物」は、基準法九条の二 

耐火建築物  次に掲げる基準に適合する建築物をいう。
イ その主要構造部が(1)又は(2)のいずれかに該当すること。
 (1)  耐火構造であること。
 (2)  次に掲げる性能に関して政令で定める技術的基準に適合するものであること
    (ⅰ)・・・屋内において発生が予測される火災に・・・終了まで耐えること
    (ⅱ)・・・周囲において発生する通常の火災に・・・・終了まで耐えること
ロ その外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に、防火戸その他の政令で定める防火設備
  (その構造が遮炎性能(通常の火災時における火炎を有効に遮るために防火設備に必要とされる性能)・・・)
  を有すること。

とあり、耐火建築物とは、耐火構造でなくていいんだぁ、とわかりました(^_^;)。
イ(2)に適合してればOKなのですもんね。

又、イ(1)(2)だけでなく、ロもセットでなくてはいけない。

① イ(1)+ロ
② イ(2)+ロ

の2通りあるのです。

なので、22014のような
「構造耐力上主要な部分を耐火構造とした建築物は、耐火建築物である」
なんて、わたしのようなアワテンボは、○といきそうですが、
プラス「防火設備」もセットで必要。
こんな初歩的なトコでつまづく私も情けないのですが・・・(^_^;)。

本当に、条文を意識して読むようにしないといけないですね。

又、アリさんのおっしゃるように、
法規は「本当は分かってないのに、分かってる気がする」のが盲点ですね。


合物でも、同じような問題があると、ついサラッと流してしまいがちですが、
法規(法令集)に関しては、この時期ジックリ読んで、
自分のものにしたいものです。
2012.01.20 環境講習会
こんにちは、ホッチーです(・∀・)。


ずっとブログを更新していなかったら、
1月も半月以上経ってしまいました・・・(^_^;)。
お恥ずかしい。

実は、年末年始ボケで(飲み過ぎ 笑)
ほとんど勉強していません、^^;トホホ。

今年は、昨年までの
「口ばっかりで行動しない自分」に喝を入れて、
「有言実行+すぐ行動」をスローガンに、
日々、行動していきたいと思っております。


先週の土日(14日・15日)、
合格物語主催の「環境講習会」に参加させて頂きました。

昨年も受講したので、今年2回目なのですが、
前回、半分しか分からなかったとこが、
すごく理解できました\(^o^)/。

講師の方が、常におっしゃっているように、
わからない問題を掘り下げ過ぎずに
とりあえず、次々、違う教科の問題を解いてみる。

そうすると、ある時、
「あの時の問題は、これのことだったんだヽ(^o^)丿!!!」
と、知識が繋がり始める。

これが肝心なのですね。

腑に落ちるって、こんな感じなのですね~。

まだまだ、一巡どころではないのですが、
途中でこだわっていないで、
サクサク問題に取り組んでいきたいと思いま~す(^^)v。


今朝は、通勤電車内で、
「鋼材」「コンクリート」をやりました。

タブレットPCなので、
通勤でもソフトが使えて便利です。

せっかくPCを購入したのだから、
使い倒さねば( ̄ー ̄)ニヤリ。
2011.12.14 力学講習会
こんにちは、ホッチーです(・∀・)。


先週の土・日曜日、
合格物語の 「構造力学講習会」
に出席して来ました。

今回も、前回同様、力学計算問題が主でした。
(私の一番苦手な分野(^_^;))


学科試験は、もう来年で4回目に入るので、
去年も教えていただいた記憶があるのですが、
なんとな~く分かったような気がしていて、
実は分かっていなかった・・・。

同種類の違う問題に挑戦すると、
手も足も出ない状態がシバシバだったので(´・ω・`)。


でも、今年は違うゾ。

バラバラだった(数少ない)知識が、つながりつつある感じ\(^o^)/。

今は試験の為の勉強だけど、
もしかして、実際の業務に使えるようになるかも・・・?

と、ちょっぴり未来に期待した土日でした(^O^)。

こんにちは、ホッチーです(・∀・)。


先週の土曜・日曜の2日間、
合格物語主催の「構造力学講習会」に参加してきました。

この講習会は、私達が一級建築士に合格するに為に、
「ウラ指導」さんの講師の方が担当して下さっています。

多分、土日は、ウラ指導さんも休日だと思うのですが、
労を惜しまず、非常に熱心に教えて下さいます。

そればかりか、ハンパなく分かりやすく、
大変リーズナブルです(^_^)v。

ありがたいです(T_T)。


実は私、ハッキリ言って今まで、
構造の計算問題を捨ててました・・・。

苦手意識が強いので、ここに時間をかけるより、
他の科目に力を注いだ方が、
私には合っていると・・・(^_^;)。

しかし、
私のように、構造を苦手としている人のレベルに合わせて
とても丁寧に説明してくださる(T_T)。

毎回感じるのですが、
本当に頭の良い人って、難しい言葉を使わないですよね。
相手が理解できるところまで下りてきてくれます。

ホント、感謝・感謝ですm(__)m。


今回は、力学の「基礎の基礎」から教えて頂きました。

色々な計算問題が、ごっちゃになっていたのですが、
段々クリアーになってきました。

例えば、
同じ「モーメント」という言葉でも、
使い方によって意味が違うとか、
釣り合っているのだから「ΣM=0」なのだから、
どこで切ったって0だよってこと。

恥ずかしながら、今までは
キチンと理解していなかったです・・・(^_^;)。

あ~、恥ずかしい(*^_^*)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。